未分類

高校サッカーでレギュラーになれない原因は思考のせい!?あなたは大丈夫?

この記事では高校サッカーでレギュラーになれない原因は

思考が原因かもしれない件について書きます。

今、ガッツリ自分はレギュラーでこれからもずっとレギュラーだ!

という人はあまり関係がないと思うので読まないでください(笑)

一生懸命毎日頑張っているのにレギュラーになれないとけっこう落ち込みますよね。
私もそういう時期はあったのであなたの気持ちは痛いほどよく分かります。
そういうちょっと病んでいる時にどんな思考でいれば成功できるのか、
前向きに頑張れるのかについて自分の経験談を踏まえて書きますね。

自責思考と他責思考

サッカーをやっているとレギュラーの期間やそうでない期間と分かれます。
いや、俺はずっとレギュラーの第一線で頑張っている!そういう人もいると
思いますが、そういう人はこの記事を読まないでください(笑)

私もそうだったのですが、飛び抜けて実力がない選手はおそらく
ずっとレギュラーで試合に出続けるというのはなかなかないはずです。

調子が良ければ試合で使われて、そのチャンスを活かしたらしばらく
レギュラーで試合に出続けて、調子を落としてほかの選手が活躍すると
またレギュラーから外れるというループに陥っっていると思います。

そんな時は「今は自分がレギュラーになるタイミングないんだ」
「何か自分に足りないものを考える時」「愚直に努力する時」などと
考えた方が良いです。

逆に「どうして俺がレギュラーじゃないんだ」「監督はおかしい」
というような思考ほとても良くないです。

これは「自責」「他責」という考え方なのですが、物事で起こっている
すべてのことは自分の責任と考えるか、他人の責任と考えるかです。
自分がレギュラーでないのははっきり言って自分のせい。
自分に圧倒的な実力があれば間違いなくレギュラー確定です。

でも、普通はメッシみたいな圧倒的な力は持っていないでしょう。
なので、レギュラーになれないのは自分のせいなのです。

それを他人のせいにしてしまうと自分の成長が止まってしまう。
なぜなら、レギュラーになれないのは自分のせいではなく、
監督のせいと決めつけてしまっているからです。
自分に全く原因はない、悪いのは監督のせいだという考え方は
他責思考にです。

他責思考になってしまうと自分は悪くない、相手が悪いという
思考になるため、自分を守ることになります。

他責思考を続けるとどうなるのか?

他責思考を続けると自分の成長が完全に止まります。
そして、人生においても努力することがなくなり、すべて周りのせい
だったり、環境のせいにするようになります。

勉強ができないのはサッカーが忙しいから、彼女ができないのは
俺には彼女は必要ないから、レギュラーになれないのは監督のせい‥。
など何かと理由をつけて自分以外に原因を見つけ出し、そのせいにします。
これを続けているとすべての物事が上手くいかなくなります。
自分で努力することを辞めるからです。

反対に自責思考の人は何でも自分が原因と考えるため、
自分がどうしたら改善できるのか、もっと良くなるためには
どうしたら良いのかを常に考えるようになります。

このように考えている人は総じてグチや文句が少ない傾向にあり、
一緒にいるととても気持ちが良い人であることが多いです。

例を挙げると、友達と待ち合わせとしていたとします。
12時に待ち合わせをしていると思ったあなたは12時に待ち合わせ
場所に向かいましたが、友人はいません。
友人に連絡すると友人は待ち合わせ時間を13時だと思っていたようです。
二人は口頭で待ち合わせ時間を決めたため、どちらかが間違っているか
は正直分かりません。

そんな時にあなたならどう考えますか?

こういう場面で自責思考と他責思考が出てきます。
お互い同じ条件で約束をしているのだからどちらも悪くない。
けれども、もし自分に責任がある、もしくは改善点を考えると
時間を決めた後にメールを送っておけば良かったなと‥。

もしここまで考えることができればあなたはとても優秀ですね。
ここまで自責で考えることができる学生は少ないと思いますが、
是非若いうちから身につけて欲しい思考法です。

これを身につけることができれば他力本願の人生からはおさらばです。
自分自身で努力して、何に対しても自分で自ら行動していくことが
できるでしょう。

言葉にするのは簡単ですが、実行するのはとても大変です。
私も100%実行できている訳ではないので、あまり偉そうなことは
言えませんが‥・。

長くなりましたが、自責思考と他責思考は是非身に付けてください!
最後に自責思考でストイックに自分を責めるのは厳禁ですよ!!
努力した結果、決めるのは監督ですので‥忘れずに‥。

8割の人ができていない!高校サッカーでレギュラーになるために必要な思考法とは?

※NOTEというサイトに記事を掲載してします。
下記をクリックすると記事ページにリンクします。